実は泥臭い金融系システムエンジニア

,

,

金融系システムエンジニアといえば、IT業界内でも憧憬の眼差しで見られる職種でもあります。大手銀行や証券会社、保険会社での勤務となるので非常にスタイリッシュなイメージがあって、それ相応に身分も安定していると感じられるでしょう。社会的なステータスも高いですし、給料ももちろん高いです。素晴らしい福利厚生が利用できることも多く、並のIT業界のシステムエンジニアに比べて豊かな人生を送れる可能性があります。

外から見ていれば非常に華やかな職種ではありますが、しかし実際に金融系システムエンジニアになってみれば、そのギャップに驚くことでしょう。外から見ていたのとは大きく違って、非常に泥臭い仕事になることが多いからです。仕事はとにかく地味ですし、しかもハードになります。銀行や証券会社は、機器のメンテナンスをする時間も厳密に守らなければいけません。ミスを出してはいけない点もプレッシャーになるでしょう。

現場では大勢のスタッフがギリギリの状態で作業を行っており、仕事が深夜にまで及ぶことも珍しくありません。それどころか、朝方まで仕事に明け暮れなければならないことも多いです。社員は疲れ果てて華やかとは程遠い状況が生まれています。しかし、日本経済にとって重要な仕事を任されているということには変わりありません。やりがいや責任の重さ、仕事の影響力という点においてはギャップはなく、入る前に思っていた通りか、またはそれ以上に仕事に価値を見い出せるはずです。